The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
金の羊@京都に行ってきた
2009-12-04 Fri 05:21
ちょうど一週間前のことになりますが、
京都は下京区松原通にある、金の羊さんに行ってきました。
私の知る限りでは、唯一の気軽に行ける距離にある羊毛専門店。
四条烏丸の駅から徒歩で10分弱でしょうか。
091204a.jpg


お店の中には、こんなふうに色とりどりの羊毛が所狭しと並べられています。
091204b.jpg
ちょっと店内で写真を撮る勇気がなかったので、画像は外観写真の引き伸ばしです。
画像が荒いのはご勘弁を


羊毛は、棚に一色ずつ剥き出しの状態で並べてあるんですが、これがまた大きいの何の!
50グラム程度に小分けされてパッケージされた羊毛しか見た事がなかったので、
初めて見たときは「おぉぉぉさすが羊毛専門店!」とちょびっと感動したものです。


そして一歩店内に足を踏み入れると、とたんに何ともいえないニオイが…。
水フェルトをやっている最中に感じるあの独特の獣臭と同じ。
というのも、このお店では通常手芸店で販売されているスライバーやフェルトシートだけではなく、
フリースと言われる、頭の羊から刈り取ったままの1枚の形になっている状態の羊毛まで取り扱っているから!
六甲山牧場で嗅いだあの香りそのまま…。

他にも、フェルト用品がたくさんあるので、フェルト好きさんにはオススメです。
そして何より…安い!!
ニードル5本セット420円、コリデール100グラム360円とかもう!!!
お店で買う半値くらいで羊毛が手に入るので、ありがたいことこの上なし


ここぞとばかりに、染めコリデールの全色パック(38色400グラム入りで1440円!)とニードルをお買い上げ。
091204c.jpg

白以外は、1色あたり10グラムと少量ずつのパックですが、
ニードル小物がメインの私には十分過ぎる量です。
今まで、手持ちの羊毛の色によって作れる作品が制限されることもあったのですが、
これでたいていモノは作れます

例えば桜文鳥の頭部の「黒」など、
それ以外の用途では大量に使うことがなさそうな色を50グラム単位で購入することは、
私にとってはかなりの冒険なので、こういう「少量ずつたくさん」というコンセプトはめちゃくちゃ助かります。

さて、この豊富な色で何を作ろうか…



ブログランキングに参加してます。ぽちっとしていただけると、励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ  人気ブログランキングへ
別窓 | 羊毛フェルト | コメント:0 | トラックバック:0
<<文鳥進化論~エビフライからペンギンへ~ | トリマミレ | エビフライと文鳥の近似性についての考察>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| トリマミレ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。