The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
エビフライと文鳥の近似性についての考察
2009-11-30 Mon 13:30
先日貰われていったほっそり握り文鳥、嬉しいことに先方にも好評でした。
そこで調子にのって、第二弾を作成中。


まず、こんな感じにメラミンスポンジを切り出しまして…。
あ、羊毛が潤沢にあって手間隙を惜しまない方はスポンジ芯は使わずに、
羊毛だけで作られてもいいと思います。

091130b.jpg


そこに羊毛をぐるぐると巻きつけます。
尻尾も別に作って、お尻にくっつけます……エビフライ??
091130a.jpg


そこからさらに膨らませたいところには羊毛を追加で巻きつけ、
凹ませたいところはとにかくニードルで突きまくって凹ませていきます。
そしたら何とか文鳥らしきシルエットに。
091130c.jpg


前回に比べてメタボ気味に作ったおかげで、握り心地も良好です。
あとは羽をつけて顔を作りこんでいくだけ。まぁそこが一番難しいのですが。

今日はここまで!!


ブログランキングに参加してます。ぽちっとしていただけると、励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ  人気ブログランキングへ
別窓 | 羊毛フェルト | コメント:0 | トラックバック:0
<<金の羊@京都に行ってきた | トリマミレ | 買っておいてよかったもの>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| トリマミレ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。