The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
チョコミント
2011-05-21 Sat 22:09
■チョコミント(作成日:20011/5/21)
soap28.jpg
<レシピ>
ごま油 25%
パーム核油 50%
パーム油 25%

水分 34%、 鹸化率 90%、 バッチサイズ600g

オプション…メンソールクリスタル(3%)、 ホホバ油、 ココア、 
       ウルトラマリン・ブルー、 水酸化クロム・グリーン

<特性>
肌適正5.4、 洗浄力7、 起泡力9.7、硬さ6.9、 崩れにくさ7.1、 安定性7.1

<ノート>
前回の石けんを作ってからというもの、
何だか無性に泡がモコモコ・カチンコチン、
さっぱりとしたシンプルなオイル構成の石けんが作りたくて作りたくて!
ハードオイルを75%も配合したのは初めて。

これからの季節にふさわしく、
チョコミントアイスをイメージした爽やかな外観に、たっぷり配合したメンソール。
熟成期間中ですが、フライング気味に試し使いしてみたら…。
笑えるくらい泡立つ!肌がスースーする!!
シャンプーにする分には本当にいい感じ。体に使っても、特に乾燥することはなかった。

市販の石けんを見ていると、パーム油メインの石けんがよくあるけれど、
あんな感じの泡立ちでした。
スポンサーサイト
別窓 | 手作りせっけん | コメント:0 | トラックバック:0
ココ夏マンゴー
2011-05-19 Thu 21:51
■ココ夏マンゴー(作成日:20011/5/19)
soap27.jpg

<レシピ>
米油 30%
バージンココナッツ油 45%
レッドパーム油 15%
ひまし油 10%

水分 32%、 鹸化率 90%、 バッチサイズ650g

オプション…ホワイトチョコ石けん(丸コンフェ)、ココナッツミルクパウダー、
      マンゴーFO、オレンジスイートEO

<特性>
肌適正5.3、 洗浄力6.3、 起泡力8.6、硬さ7.2、 崩れにくさ6.1、 安定性6.7

<ノート>
「市販の石けんに負けない使用感の石けんを」がコンセプト。
泡立ち・硬さ・溶け崩れにくさにこだわりました。

色んな人に手作り石けんをプレゼントしてきたけど、
マルセイユやキャスティールを「しっとりしていていい!」という人もいれば、
やっぱり「泡立ちがいいのが好き!」という人も多い。
というか夫がこのタイプ。毎回新作石けんの感想を求めても、
「泡立ちが良くてよかった」か「泡立ちがいまいちだった」くらいのコメントしかくれません…。

私自身は、素材の安心感や肌への優しさを考えると、
泡立ちが悪かったり溶け崩れやすかったりという、手作り石けん特有の使い勝手の悪さはあまり気にならない。
でも手作り石けんに慣れない人にとっては、「泡立ちがいい・溶け崩れにくい」という要素は、
最初の第一歩としてはとても重要。
初めて使った石けんに対する感想が、「何だか泡立たないし、使いにくい」だけだったら悲しいもんね…。

まぁそれ以外にも、
初めて使ってみたバージンココナッツ油(甘いに香りがした!)や、
肌の補修効果があるというレッドパーム油の楽しいオレンジ色や、
ココナッツパウダーの保湿効果やら、
色々と(私が)楽しい要素を詰め込んでみた石けんなので、解禁日が楽しみ。
そろそろシャンプー用の石けんもなくなりそうだしね。


別窓 | 手作りせっけん | コメント:0 | トラックバック:0
宇治金時
2011-05-18 Wed 21:30
■宇治金時(作成日:20011/5/18)
soap26.jpg
<レシピ>
オリーブオイル(緑茶UINF)60%
パーム核油 20%
パーム油 10%
ラード 5%
ひまし油 5%

水分 34%、 鹸化率 90%、 バッチサイズ500g

オプション… MPソープ、 さらしあん、 コンデンスミルク

<特性>
肌適正7.4、 洗浄力7.8、 起泡力6.7、 硬さ6.7、崩れにくさ6.2、 安定性6.6

<ノート>
名前の通り、宇治金時をイメージして。
材料にちゃんとお茶・あんこ・練乳を使っているので、名前だけではないぞ!
前2作の緑茶石けんが大好評だったので、今までとは違ったデザインで再々挑戦。
白い部分は、前作のホワイトチョコ石けん。

これに使ったのは、夫の実家で無農薬栽培された緑茶。
しかも自分達で茶葉を摘み、焙じ、手揉みしたもの。
思い入れ深い一品です。
解禁日が楽しみ。
別窓 | 手作りせっけん | コメント:0 | トラックバック:0
はちみつミルク石けん
2011-05-16 Mon 21:18
■はちみつミルク石けん(作成日:20011/5/16)
soap24.jpg
<レシピ>
オリーブオイル30%
米油 30%
ココナッツ油 20%
ラード 10%
ひまし油 10%

水分 32%(うち半量を牛乳に置き換え)、 鹸化率 92%、 バッチサイズ550g

オプション… MPソープ、 蜂蜜、 ハニーオリジナルFO、オレンジスイートEO

<特性>
肌適正7、 洗浄力7.4、 起泡力6.7、硬さ6.4、 崩れにくさ5.5、 安定性6.1

<ノート>
見たままずばり、LUSHの代表作、みつばちマーチの再現を目指した石けん。
ハニカムの部分は、市販のMPソープを溶かしたもの。
この部分がかなりいい感じ!ちょっと気泡が入った箇所なんかも、本家にそっくり(笑)
見た目はかなり近い、香りはかなり別物、使用感は…まだ熟成なので分からず。
切り分けるのがもったいなくて、ホールのまま熟成中です。

メインのソフトオイルは今まで、オリーブならオリーブ、米油なら米油の単品使いだったんだけど、
今回初めてオリーブと米油のミックスに挑戦。
オリーブ独特のしっとり感と、米油特有のふわふわの泡立ちがうまいこと出てくれたらいいな。

また、水量を牛乳で置換したのも初めて!
牛乳を投入したとたんにトレースが進み、また、
やや暗い感じの黄色だった生地の色が、一気に明るく変化したのが面白い。
その後蜂蜜やらEOやらを続けて投入し、
結局、生地の色はやや濃い目のベージュに落ちいたけど、
オプションによって、本当に生地の色は変わるんだなぁと再確認。

美味しそうな見た目に仕上がって大満足。
あとは使用感だな…。
蜂蜜と牛乳が入っているので、しっとりするはずなんだけど。
別窓 | 手作りせっけん | コメント:0 | トラックバック:0
緑茶ケーキ石けん
2011-03-09 Wed 22:02
■緑茶ケーキ石けん(作成日:2011/3/9)
soap09-2.jpg
<レシピ>
オリーブオイル(緑茶UINF) 61.5%
ラード 32.4%
ココナッツ油 6.1%

水分 34%、 鹸化率 90%、 バッチサイズ448g

オプション
「はじめての石けん」コンフェ、ホホバ油、蜂蜜

<特性>
肌適正8、 洗浄力8.4、 起泡力6、硬さ6.4、 崩れにくさ6.9、 安定性6.6


<ノート>
バッチサイズやら配合%やらが中途半端なのは、油の在庫処分的な理由から。
初のウルトラ抽出に挑戦した石けんです。石けん上部の白い部分は、作成前日から仕込んでいたごま油100%石けん。

「ウルトラ抽出の石けんはトレース激早」という話を聞いていたので、
油と苛性ソーダ水の温度を30度以下で合わせることに。
これがまずかったのか…全然トレースが出ない!
ハンドミキサーを使ったり、湯煎したりとあれやこれやと手を尽くして、ようやく40分後くらいにゆる~いトレースが。これ幸いとばかりに、慌てて方に流し込んだものの…。

型出しの数日後には、側面にびっしりソーダ灰が。
カットした感じも、何だかもろもろとして崩れやすい…。
色も、オイルだけの状態ではとても深くて綺麗な緑色をしていたのに、時間が経つにつれ、茶色がかってくすんだ色に…。型出しした当初は、下の写真のようにとても美味しそうで好みの外観だっただけに、かなりがっかり。
soap09-1.jpg

が。
オイルの配合が良かったのか、それともこれでもかとばかりに投入した保湿系オプションのおかげか、
使用感自体は抜群に良かった!
きめ細やかでもっちりとした泡が、かなりしっかりと立って、
洗い流した後もしっとりとして突っ張らず、いい感じ。

「綺麗にできた!」→「あかんかった…」→「何この使用感!」と、
作成中~使用までのテンションの上がり下がりが激しかった分、かなり思い出深い石けんになりました。
別窓 | 手作りせっけん | コメント:0 | トラックバック:0
| トリマミレ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。